千葉で家族葬をお考えの方へのアドバイス

人間は誰しもこの世に生を受けてからそれぞれの人生を歩み、いつかはその終焉を迎えます。その際にお葬式をして故人を送り出します。そんなお葬式ですが最近は家族葬と言う言葉をよく耳にします。これに近いもので密葬もありますが、参列者の方が親族や親しい友人の方に限った点では同じですが、相違点としてお通夜・お葬式の後に火葬をしますが、後日改めて本葬と呼ばれるお別れ会の形式を執り行うのが密葬になります。この為に密葬は有名人や会社社長などの大勢の参列者が予定される時に選ばれるものになります。今後、千葉近郊で家族葬を考えている方への利点は以下になります。参列者の人数が分かり易く、予算などのプランも立て易い事があり、また近親者のみの為、落ち着いてゆっくりと最後のお別れが出来るなどが挙げられます。

千葉付近で家族葬を執り行うには

千葉近郊にお住いの方がいつかお葬式を執り行う時に家族葬を検討されている方に向けたメリット・デメリットをお話しします。まずメリットについてですが、何よりも近親者のみの少人数で人数確定がしやすく、それに伴う予算の大枠が分かり易い事があります。葬儀社側にとっても少人数で日程調整がしやすくもあります。当然、少人数であれば人件費は基より、返礼品等の費用も低額で済みます。なお祭壇や棺は通常の葬儀と同じにつき、そこで安くなる事は基本的にありません。逆にデメリットですが、出来るだけ内密に執り行う為、ご自宅や集会所では不可能になります。その為に葬儀社利用の費用が発生し、葬儀社によってはご遺体にいつでも会えないケースもあります。また家族葬後に弔問客が都度、訪れる事が予想され、その度に応対する必要があります。費用面では香典や弔慰金があまり無い為に一般葬よりも負担が増すケースもあります。

家族葬を千葉近辺で執り行うには

いつか皆さんのご身内にも悲しいご不幸があった場合には、どのような形式を選ばれるにしても故人を送り出さなければなりません。そのような時に皆さんならどんなお葬式を選択されるのでしょうか?以前なら家族葬と言ったフレーズ自体をあまり聞く事はありませんでしたが、今はむしろ家族葬の方が主流になりつつあります。これはやはり、故人のご希望でご自宅や近くの集会所で皆さんに見守られながら送り出したいお考えが昔から根強くあり、また一般的な葬儀は家族葬よりも参列者が多く、盛大ではありますがその反面、非常に慌ただしくなってしまう、また返礼品などを含めた費用もそれなりにかかるといった側面があります。では今の主流である家族葬をあなたご自身のお住まいが東京や千葉といった関東近郊の方であれば、葬儀プランの相場は約15万円から、と非常にリーズナブルな価格設定になっております。このような事を踏まえつつ、検討してみて下さい。

ご葬儀に対しての必要なもの・必要なこと全てにおいて充実したサービスをご用意しております。 地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 当社は県内に10カ所の直営式場を運営している為、式場のフォロー体制も万全です。 生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 家族葬を千葉でお考えの方は昭和セレモニーで