家族葬なら千葉エリアがおすすめその訳とは

葬儀の形式には、直葬や一日葬、一般葬と家族葬があります。この中でも東京や千葉エリアなどの大都市圏で選ばれる形式が多くなっているのが、家族葬です。家族葬とはその名の通り、家族や親族さらにごく親しい人のみで執り行う葬儀の形式となっています。遺族が故人を見送るためにゆっくりとした時間を持つことができるという点で、選ばれることが多くなっています。さらに千葉エリアで家族葬を選ぶ方が多くなっているため、家族葬を取り入れている葬儀社が増えているので、家族葬を執り行うなら千葉エリアがおすすめとなっています。また一般的な葬儀と比較して、葬儀費用を抑えることができるメリットもあります。生前の故人の希望であるケースも多いですが、葬儀にかける費用が無い時にも家族葬を選ぶ方が増えています。

故人をゆっくりと見送る時間を持てる千葉の家族葬

亡くなった故人の家族や親族、ごく親しい友人といった、少ない人数で執り行う形式の葬儀のことを家族葬と呼んでいます。一般葬と違い参列者が少ないことから家族でゆっくりと故人の見送りをすることができるというのが大きな特徴です。残された遺族の方が、参列者の方たちに気を遣う必要もないため、近年は東京や千葉などの大都市で選ばれる方が増えています。一般的な葬儀は遺族の方が忙しなく動く必要がありますが、家族葬では家族だけで故人の思い出話をゆっくりと話す時間を持つこともでき、参列者への食事の用意や香典返しの品選び、さらにお礼状を送ったりする必要もないため、遺族への負担が少ない点で選ぶ方も多いようです。このように遺族の希望で家族葬を選ぶこともありますが、生前の故人の希望によって家族葬で執り行うケースもあります。

千葉で家族葬を執り行う時の注意点とは

千葉に限らず家族葬を執り行う時に、気を付けなければならない注意点があります。家族や親族、ごく僅かな友人といった限られた人数で葬儀を執り行うため、葬儀の後に訃報を知った方から弔問を受けて、遺族が対応に追われるというケースもあります。そのため事前に葬儀に呼ばない方の名簿を整理しておくと良いでしょう。葬儀後に家族のみで葬儀を執り行った、という内容のお知らせハガキを郵送することはとても大切です。また親族へも家族葬で葬儀を執り行うという希望を予め伝えておくと良いでしょう。また近所の方や会社関係の方にも、香典や供物は辞退する旨を事前に伝えておくことも重要です。もし香典をいただいてしまった時は、香典返しという形はとらないで、お礼として葬儀後に何か品物を送ると良いでしょう。